移転価格辞典
移転価格文書作成の実務 移転価格文書作成の実務のアイコン

移転価格文書の共通化

移転価格文書の対象の絞り込みを行うのと同時に、効率的に移転価格文書化を行うために移転価格文書の共通化を行うという方法もあります。

画像 (図表2-7)移転価格文書の共通化

例えば、機能リスク分析において外国子会社ごとに同じような活動を行っている会社のグルーピングを行い、取引の概要、活動の概要や機能リスクなどをまとめて記載することが可能かもしれません。また、経済分析を行う場合においてもある程度まとめて行うことができるかもしれません。例えば、ASEAN諸国地域に所在するいくつかの製造機能を有する外国子会社に対して、移転価格算定方法をTNMMで検証するとします。本来であれば国ごとに経済分析を行うのが望ましいのですが、比較対象取引の対象地域をASEAN諸国域まで広げ、複数の国外関連取引をカバーできる経済分析が可能かもしれません。ただし、その場合には、選定した比較対象の候補となる取引が比較対象取引としてふさわしいか、市場に何らかの特殊要因が無いかなど慎重に分析を行う必要があります。

ページの先頭へ戻る