移転価格辞典
移転価格用語集 移転価格用語集のアイコン

独立価格比準法 (CUP法, CUP method, Comparable uncontrolled price method)

CUP法は、関連者間取引で用いられている価格が独立企業間価格であるか否かを、比較可能な非関連者間取引で用いられている価格と比較することによって評 価します。

一般的に、CUP法の下で両取引の比較可能性を評価するにあたっては、関連者間取引と比較可能取引で取引される商品の類似性による影響が最も大 きくなります。

また、CUP法における比較可能性は、契約条件や経済条件に係る類似性に大きく左右されるために厳格な類似性が求められます。

ある非関連者 間取引が比較可能とみなされるのは、当該棚卸資産及び関連者間取引をめぐる状況と実質的に同一であるときに限られる。
比較可能性を決定するその他の付加的 要因としては、製品の質、販売量、取引段階、取引が行われる市場の地理的位置と日時、両当事者が現実的に選択可能な代替の商取引の有無である。
小さな差異 が存在しても調整が可能な場合は、考慮に入れられます。

ページの先頭へ戻る